iDeCo

自分で運用できる年金「iDeCo」を活用。メリット・デメリットは?

日本には、20歳からすべての人が加入をする国民年金と会社員・公務員の人が加盟できる厚生年金があります。

そしてそれらの年金に上乗せをできる年金がいくつかありますが、そのひとつにiDeCo(個人型確定拠出年金)があります。

現在は少子高齢化が進んでいますし、今の若い世代は将来受け取ることができる年金額が減り、さらには年金の受給開始年齢も引き上げられていくかもしれません。

iDeCoはその不安を少しでも解消して老後の資金を作っていくのに最適な制度です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、毎月一定額の掛金を支払い、自分で運用をすることで、資産を増やすことができます。

運用をして増やしたお金は、原則60歳以降に受け取ることができるようになります。

2017年に制度が改正され、基本的に20歳から60歳までの人であれば、ほぼ誰でもiDeCoに加入できるようになりました。

毎月5,000円からの掛金で始めることができ、1,000円単位で掛金は変更をすることができます。

1年に1度、金額の変更や払い込みの中断などをすることができます。

掛金は会社の制度はその人の働き方によって上限が変わってきます。

iDeCoの概要

利用できる人は 20歳から60歳未満(国民年金・厚生年金の被保険者)
最低投資金額 月5,000円~
運用方法 積立購入
売買できる商品 投資信託・保険・定期預金
非課税投資枠 月1万2000円:公務員・会社の確定給付型年金に加入をしている会社員
月2万3000円:会社に企業年金がない会社員・専業主婦や主夫
月6万8000円:自営業の人
非課税になる期間 掛金は全額所得控除
運用益はすべて非課税
受け取る時には退職所得控除・公的年金等控除が受けられる
途中引き出し 原則60歳までは引き出しができない

iDeCoのメリットは節税効果!

iDeCoはすべて所得控除の対象となります。

所得から掛金の金額を引くことで、所得税や住民税を減らすことができるのです。

自分の老後のために出したお金で節税までできてしまうという素敵な制度なのです。

さらにNISAと同じように、運用で得た利益(運用益)にかかる税金は非課税です。

60歳以降に年金として受け取る場合にも税金が優遇されます。

年金を一時金としてまとめて受け取る場合には、退職所得控除

年金を何年かにわたり受け取る場合には、公的年金等控除

もちろんiDeCoは運用をするので資産が減ってしまうという可能性もあります。

ですが、それを補うだけの節税効果があると思っています。

iDeCoのメリット

  1. 毎月の掛け金は全額控除で所得税・住民税を減らすことができる
  2. 運用の利益は税金が非課税となる
  3. 年金を受け取る時は、退職所得控除・公的年金等控除で税負担が減りたくさん受け取れる

引き出し制限や手数料などのデメリットも

iDeCoは原則60歳まで引き出すことができないというのが最大のデメリットです。

老後までには、結婚・出産・家の購入などお金をたくさん使うようなイベントがいろいろと待っています。

ですがiDeCoは60歳まで引き出すことができないため、年金資産をそのような事に使うことができないのです。

でも逆を言うと、引き出せないということは、人によっては確実にお金を使わずに残せるというメリットにもなるかもしれません。

iDeCoを始める時には「事務手数料」が発生します。

加入をする時にかかる手数料と加入後毎月かかってくる手数料の2つの事務手数料を払う必要があるのです。

加入をする時に払うのは、国民年金基金連合会に払う口座開設手数料です。一律2,777円(2017年10月現在)かかります。

毎月かかる口座管理手数料は、金融機関によって違います。

掛金によって手数料は変わらないので、掛金が少額になるほど手数料が割高になってしまうということもあります。

iDeCoのデメリット

  1. 原則60歳まで引き出せない
  2. 投資のリスクがあるため老後貰える金額は運用次第
  3. 口座開設手数料・毎月口座管理料が発生する(運営管理機関によって手数料は無料という場合もあり)
  4. 退職金をもらう場合は、退職所得控除が少なくなる場合もある

自分に合った投資方法・制度を選ぶ

iDeCoは節税効果が高くとてもいい制度だと思います。

私もiDeCoには加入をしています。

加入当初は加入した方がいいという話をきいて勢いで入ってしまったため、しばらく放置している状態でしたが、やっと少しずつ投資の勉強をはじめて自分で運用をしていくということをはじめました。

ですがiDeCoは老後のための資金としてしかお金を貯めることはできません。手数料もかかるので、投資金額が少ない場合はつみたてNISAのような制度を利用する方がいいという人もいるかもしれません。

住宅ローン控除を利用している場合は、iDeCoの利用で住宅ローン控除枠を使い切れなくなってしまうという場合もあるようなので、注意が必要です。

つみたてNISA・NISA・iDeCoなどそれぞれのメリット・デメリットを考え、自分にはどの制度があっているのか考える必要がありますね。