今までセゾン投信でNISA口座を開設していましたが

2018年からつみたてNISAの制度がはじまるのにあわせ、セゾン投信のNISA口座SBI証券のつみたてNISA口座へと変更します。

セゾン投信は全くのほったらかし状態で投資を続けていくことができるため、私にはとても向いていると思っていましたが、セゾン投信での現在の毎月の積立額は1万円。

セゾン投信でそのままつみたてNISAへと変更をしてもNISA枠を有効活用できないなと考えていました。

2017年10月中旬からSBI証券での毎日積立がはじまり、今後SBI証券を使う事の方がメリット大きいように感じたので、SBI証券のつみたてNISAへと変更をすることに決めました。

スポンサーリンク





つみたてNISAを選んだ理由

まず、現行NISAつみたてNISAのどちらにするか。

最初は悩んでいましたが、私の場合は毎月の投資額を大きくしたいわけでもなく、長期で安定して投資を続けていきたいと考えています。

現行NISA年間120万円5年間
つみたてNISA年間40万円20年間
  • 現行NISA 年間120万円×5年=600万円
  • つみたてNISA 年間40万円×20年=800万円

トータルでみた場合は、つみたてNISAの方が非課税額が大きくなります。

長期でコツコツ投資をするならつみたてNISA

家計の中で投資へまわせる金額を考えても、我が家ではそんなに多くはありません。

投資をするなら少額でもコツコツと長く続けていってできるだけリスクを減らしてやっていきたいのです。

私の今現在の投資額から考えても、つみたてNISAの方がメリットが大きいです。

投資額が年間40万円を超えていたり、短期的に利益を出したいという人には現行のNISAがよいと思います。

セゾン投信のNISAをやめる理由

今回2018年からのつみたてNISA制度開始にあわせて、セゾン投信のNISAからSBI証券のつみたてNISAへと変更することに決めました。

セゾン投信でのつみたてNISAへの変更を考えていましたが、SBI証券へ変更する理由はこれです。

つみたてNISAはスポット購入ができない

まず一番ネックになったのが、つみたてNISAではスポット購入ができないということです。

現在のセゾン投信でのNISAでは毎月1万円をNISA口座へ積立をしながら、余裕のある時はスポット購入をするというスタイルでやっていました。

つみたてNISAにしてしまうと、今までやっていたスポット購入ができなくなってしまいます。

スポット購入をしたくて現行NISAのままにしてしまったところで、年間120万円の非課税枠を使い切るまでの額にはならないので、現行NISAのままにしておく理由もありません。

セゾン投信は積立金額変更に手間がかかる

もうひとつセゾン投信でのデメリットとしては、積立金額の設定変更が簡単にできないということ。

ほとんどのネット証券ではネット上で簡単にできる積立金額の変更手続きですが、セゾン投信ではまず変更をするための書類を取り寄せなくてはいけません

その書類に記入して返送をするという手間がかかってしまいます。

これをネット上でできるようになれば、セゾン投信の信託報酬も下げられるでしょうし、もっと使いやすくなるのではと思うのですが…。

手間はかかりますが、手続き自体は書類を取り寄せて、書いて返送するだけととてもシンプルですし、そんな頻繁に金額の変更をすることもないと思うので、セゾン投信がよくないということではもちろんありません。

私の場合は

  • スポット購入ができない
  • 書類の取り寄せ返送が面倒

という理由でセゾン投信のNISA口座をやめることにしました。

ですが、セゾン投信での毎月の積立は特定口座でそのまま続けていく予定です。

セゾン投信からSBI証券へNISAへの変更手順

実際にNISA口座をセゾン投信からSBI証券へ移すにはどうすればいいのか。

NISA口座は2014年は開設をすると4年間は金融機関を変更することできませんでしたが、2015年から制度が変わって1年1度金融機関の変更することが可能になりました。

私がやった手続き方法を説明していきます。

金融機関の変更受付期間がある

NISA口座の金融機関を変更するには、「受付期間」というものがあります。

金融機関の変更は

「変更を希望する年の前年10月1日から変更する年の9月30日まで」

となっています。この期間内に変更元と変更先の手続きを完了させることが必要です。

変更したい年に一度でもNISAの非課税枠を利用してしまうと、その年は金融機関の変更ができなくなってしまいます。

ですので私の場合は、2018年1月からSBI証券のつみたてNISAへ変更をしたいので、もし2018年1月にセゾン投信のNISAを利用してしまうと、2018年の1年間はSBI証券の変更はできなくなってしまうということです。

ですので金融機関の変更を考えている人は早めの手続きが必要となってきます。

①セゾン投信にNISA口座解約の申し出をする

まずはセゾン投信に今利用しているNISA口座を他の金融機関へ変更するということを申し出ます。

「金融商品取引業者等変更届書」という書類を取り寄せます。

電話をして書類を取り寄せすることもできますが、急いでいる場合には家にプリンターがあれば書類をダウンロードして使う事もできます。

書類提出が必要なもの|セゾン投信

この書類を郵送すると、後日「勘定廃止通知書」というのが送られてきます。

 

②SBI証券につみたてNISA口座開設の申し出をする

SBI証券では、金融機関変更によるNISA口座開設というところから申込をします。

つみたてNISAかNISAを選択します。

NISA口座の金融機関変更|SBI証券

後日、SBI証券から非課税口座開設届出書が送られてきます。

③SBI証券へ書類を提出する

つみたてNISA口座を開設するSBI証券へ書類を提出します。

  • 非課税口座開設届出書
  • 勘定廃止通知書(セゾン投信から送られてきたもの)
  • 本人確認書類のコピー

④NISA口座開設の完了連絡を待つ

SBI証券がNISA口座開設を税務署へ申請手続きをして完了となります。

この一連の手続きを完了するまでには1ヵ月近くかかりますので、2018年から非課税口座の金融機関変更を考えている人は早めの手続きが必要です。

NISA口座の金融機関変更によるデメリットは?

1年に1回できるようになったNISA口座の金融機関の変更ですが、デメリットもあります。

まずは変更手続きに時間がかかるということ。

書類を取り寄せして返送してという手間がかかってしまうので、時間もかかってしまいます。

そして、元の金融機関で保管されているNISA口座ではロールオーバー(期間を延長すること)ができないことです。

通常であれば、NISAの5年間の非課税期間が終了すると、翌年の非課税投資枠を利用してさらに5年間非課税の期間を延長するということができます。

ですが、この非課税期間の延長(ロールオーバー)は同じ金融機関でしかできません。

ですので元の金融機関のNISA口座は課税口座へと移すか売却をすることになってしまいます。

まとめ

NISA口座の金融機関変更は手間と時間はかかりますが、簡単な手続きですることができます。

私の場合はセゾン投信でのNISA口座が今後うまく活用できていけないように思ったので、つみたてNISAに変更するタイミングで金融機関の変更もすることを決めました。

手数料や自分が投資したい金融商品など毎年変わってくることもあります。

その時自分に一番合った投資方法を考えていくことが大切ですね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ