投資

これから投資をはじめたい! 初心者向けの「つみたてNISA」

2018年から「つみたてNISA」の制度がスタートします。

つみたてNISAを利用できるのは、日本に住んでいる20歳以上の人になります。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、年間40万円までの投資額で得た利益に対して税金が非課税になるというものです。

つみたてNISAで投資をできるのは、2018年から2037年までの20年間です。

年間40万円ですのんで、最大800万円分の投資の利益が非課税にできるということになります。

つみたてNISAで投資できる商品は、ETF・投資信託です。

現行のNISAにくらべて、投資できる金融商品は限られてしまいます。

非課税投資枠は年間40万円までなので、月3万3,000円なので、今までのNISAに比べると少ないように思いますが、これから少額からでも投資をはじめてみようという人にはおすすめできる制度ではないでしょうか。

 

つみたてNISAで買える投資信託

つみたてNISAで投資ができる金融商品は、ETFと投資信託です。

ですが自由に買えるというわけではありません。

つみたてNISAはあらかじめ金融庁が決めた商品しか購入できないようになっているのです。

金融庁が選んでいる商品は、長期投資・積立に適した商品としています。

基本は販売手数料がかからないノーロードであるものです。

投資信託の運用が行われる期間が20年以上で、分配金も毎月の支払いでないものとなります。

◎インデックス投資信託
●販売手数料なし 信託報酬0.5%以下
●TOPIX、日経平均株価などの指数と連動

◎アクティブ投資信託
●販売手数料なし 信託報酬1.5%以下
●純資産額が50億円以上
●信託設定以降運用から5年以上経過

◎ETF(上場投資信託)
●販売手数料1.25%以下 信託報酬0.25%以下
●最低取引単位は1,000円以下
●TOPIX、日経平均株価などの指数と連動

→ つみたてNISAについてー金融庁

 

金融庁がいいと選んだ商品だけを買うことになるので、初心者であっても良い投資信託を選びやすいというのがメリットです。

「つみたてNISA」は「NISA」とは違うの?

NISAは、つみたてNISAよりも前からある非課税の制度です。

名前は同じような感じですが、内容は違っています。

つみたてNISAは1年間の非課税投資枠は40万円ですが、NISAは最大120万円です。

NISAは非課税になる期間は最大5年間となっています。

1年最大120万円なので、5年間で最大600万円分の非課税枠が利用できることになります。

NISAで購入できる金融商品はつみたてNISAよりも多いです。

つみたてNISAでは、投資信託・ETFに限られていましたが

NISAでは、株・投資信託・ETF・REIT(不動産投資信託)を買うことができます。

NISAには制限がありませんので、自由度が高く幅広く投資ができるのです。

「つみたてNISA」と「NISA」の併用はできない

つみたてNISAとNISAをどちらもすれば、年間160万円非課税になるじゃん!

と思うかもしれませんが

つみたてNISAとNISAは併用することができません。

どちらかを選ばなくてはいけないのです。

ですので、これから投資をはじめてみようという人には、つみたてNISAはおすすめになりますが、すでにNISAを利用していて株にも投資をしていきたい人には今までのNISAのほうがいいかもしれません。

 

つみたてNISA・NISAのデメリット

非課税だからといって、いいことばかりではありません。

儲かっている場合は何も問題はないのですが、損をしているときは注意が必要です。

つみたてNISA・NISAの非課税期間が終わったら、商品は売却をするか証券会社の口座へ移管をすることになります。

つみたてNISA・NISAは損益通算ができません。

(損益通算…その年の損失を翌年以降の利益と相殺をして税金の額を減らすことができる)

損失を抱えたまま非課税期間が終了して証券口座へ移管をしてしまうと、その時の価格を取得価格としてしまうので、税金が発生してしまうということがあるかもしれません。