投資

預金と投資の違いは?お金が増えるかもしれないのは投資

きっと誰もが銀行に預金をしていると思います。

今では仕事をしてもらえるお給料はほとんどが銀行振込ですし、昔なら銀行の預金でもたくさん利息がついて銀行に預けているだけでお金が増えていました。

銀行に預金はしていても、投資をしているという人はそんなに多くないと思います。

預金と投資にはどんな違いがあるのか考えてみたいと思います。

利益を得ることができる投資

預金とは、銀行などにお金を預けておくことです。

普通預金や定期預金などがあり、元本1000万円までは保証されています。

もし、銀行が破綻してしまったとしても、元本分のお金はなくなることはありません。

ですが、お金を預けているだけなので、増えることはないのです。

利息がつきますが、現在は0.001%程度で微々たるものですね。

 

投資とは、利益を得るため株や債券・投資信託など金融商品にお金を使うことです。

投資は元本の保証はしてくれません。

ですが、預金をするよりもお金を増やすことができる可能性があるのです。

 

預金とは

〇銀行などの金融機関にお金を預けること
〇預金した人はその利息を受け取ることができる
〇元本保証あり
〇普通預金や定期預金など一部の預金は元本1000万円までとその利息は保護される
〇お金はほとんど増えない(現在は金利0.001%など)

投資とは

〇利益を得るために株や債券・投資信託などの売買をする
〇投資の利益は投資した人が受け取ることができる
〇元本保証なし
〇証券会社に預けた資産上限1000万円まで保護される
〇お金は増える可能性がある

 

まとめ

預金は一定の元本保証があるけれど、お金はほとんど増やすことができません。

投資は元本保証がなくリスクはありますが、お金を増やせる可能性があるのです。

リスクがあると聞くとちょっと怖いですし、投資でお金が減ってしまうのは嫌ですよね。

ですが投資で増える可能性もあるのならば、お金が減るリスクを避けながらコツコツ少しずつ積立投資をするという方法を私は選んでいます。