投資

投資信託の種類 不動産型 REIT(リート)とは?

投資信託の種類で

不動産に投資をする投資信託を不動産投資信託(不動産型)といいます。

不動産型という名前よりは、REIT(リート)という名前の方がよく使われています。

REIT(リート)不動産型の投資信託

REIT(リート)には

  • 日本の不動産に投資をするJ-REIT
  • 外国の不動産に投資をする国際REIT

の2つがあります。

REIT(リート)はアメリカで生まれ、日本でも市場は拡大してきていますが、海外の方が市場規模は大きいです。

 

収益は不動産の値上がりと家賃

REITの収益源は2つ。

1つ目は、不動産の価格の値上がりによるものです。

不動産を安い時に買って、高い時に売れば利益が出ます。

2つ目は、家賃収入です。

景気の影響を受けやすいですが、どちらかというと安定して収入が見込めます。

株式よりは、不動産の方が値動きは安定しています。

ですが、国際REITに投資をする場合には為替の変動があるので注意が必要です。

 

POINTREIT(リート)不動産型はJ-REITと国際REITの2つ。
株式型より値動きは安定しており一定の利益が見込める。