投資

投資信託の種類は?国内株式型と国内債券型債券型

投資信託の種類はいくつかあります。

国内株式に投資をする投資信託は国内株式型、日本の債券に投資をする投資信託は国内債券型と呼びます。

 

国内株式型とは

国内株式型は

日本の株式市場に上場している銘柄が入っており、株価の上下や配当などが基準価額の動きに大きく影響を与えます。

ですでの、上場している会社のことなどはテレビやインターネットのニュースなどで情報を集めやすいというメリットがあります。

日経平均株価とTOPIX

投資のインデックス型に用いられている主な指数は、

  • 日経平均株価
  • TOPIX(東証株価指数)

の2つになります。

この2つは昔からニュースなどでもよく聞く言葉ですね。

日経平均株価は、日本経済新聞社が決めている225銘柄の株価を平均したものになります。

株価の高い銘柄の値動きが大きく影響を与えています。

TOPIXは東京証券取引所第一部(東証一部)に上場をしている全銘柄の時価総額をもとに算出している指数です。(自家総額とは株価と発行した株の数をかけたもの)

この大きい銘柄の値動きがTOPIXに影響を与えます。

 

投資のアクティブ型では、ファンドマネージャーという運用をするプロがどの株に投資をするのかというのを日々決めます。

日経平均株価 TOPIX
提供する会社 日本経済新聞社 東京証券取引所
銘柄数 225 約1800
採用銘柄 会社の規模や業種、株の取引量などを元に決める 東京証券取引所第一部(東証一部)に上場しているすべての銘柄
算出の方法 225の銘柄の株価を平均 市場で買える株の時価総額を元にして算出
特徴 株価の高い銘柄の動きで大きく変わる。1年1度銘柄の入れ替えをする。 時価総額の高い銘柄の値動きが大きく影響を与えることになる。

国内債券型とは

債券は資金を集める国や自治体や会社が発行をする借用書のようなものになります。

債券には、借りたお金を返す日(満期日)や利息などが書かれています。

ですので、債券が満期になると銀行の定期預金などのように元本は戻ってくることになります。そして利息もつきます。

ですが、債券は価格の変動により、満期の前に売却をしてしまうと、損失がでてしまうこともあるのです。

国内債券とは

  • 国・企業・団体にお金を貸与
  • 元本と一定に利息は保証
  • 満期がくると元本が返ってくる

NOMURA-BPI

国内債券型が用いる主な指数は、NOMURA-BPI

8割が日本国債、後は会社の債券や自治体の債券になります。

金利が上昇すると債券価格は下落し、金利が下落すると債券の価格は上昇することになります。

ですが国内株式型の価格よりは変動が少ないので、リスクやリターンも低い商品

リターンが低いということは、手数料の信託報酬に注意しておかなければいけません。

信託報酬が高くなってしまうと、リターンよりも手数料が多くなってしまうこともあるからです。

(※信託報酬とは、投資信託を保有している間は毎日差し引かれる手数料のこと。年●%と定められて運用している資産から毎日自動的に引かれる。)